株式会社JCU

マネジメント報告

コーポレート・ガバナンス

基本的な考え方

JCUグループは、法令の遵守に基づく企業倫理の重要性を認識するとともに、変動する社会情勢および経済環境に対応した迅速な経営意思の決定と経営の健全性の向上を図ることによって、企業価値を高めることを経営上の重要な課題としています。その実現のために、株主の皆さま、お客さま、従業員、取引先さま、地域社会など、さまざまな利害関係者との良好な関係を築きます。また、企業規模の拡大に伴い、企業統治に必要な諸機能を一層強化、改善、整備しながら、コーポレート・ガバナンスの充実と同時に、コンプライアンス経営を徹底し、リスク管理の観点から、リスクを未然に防止する社内体制システムを構築します。あわせて適時に適切な情報開示を行い、経営の透明性を高めます。

企業統治の体制

JCUには、経営に関する重要事項を決定するとともに、業務執行状況について監督を行う機関として取締役会、監査機関として監査役会があります。また、意思決定機関を強化するものとして経営会議を設置しています。さらに、執行役員制度を導入しており、業務執行の迅速化と柔軟な業務執行体制を構築しています。

当社の取締役会は、取締役11名(うち社外取締役2名)で構成されており、原則として毎月1回以上開催して経営に関する重要事項を決定しています。

毎月1回開催する経営会議において業務遂行状況の分析、検討などを行っています。なお、経営会議には、取締役、監査役、執行役員が出席しています。

監査役会は常勤監査役1名と社外監査役3名で構成されています。監査役は原則として毎月1回の監査役会を開催するとともに、毎月開催される取締役会に出席するなどして業務の執行についての適法性、法的義務の履行状況などの監査を行っています。

体制図