株式会社JCU

環境報告

エネルギー

基本的な考え方

JCUグループは、地球環境を保全し持続可能な社会づくりに貢献するため、エネルギーの効率的な利用に取り組んでいます。

再生可能エネルギーの利用

JCUグループは、温室効果ガスを削減できる再生可能エネルギーの利用を促進しています。

生産本部では太陽光発電設備を設置し、環境に配慮したエネルギーを活用して火力発電由来のCO2排出量の削減に貢献しています。火力発電所の稼働率低下に寄与することで環境貢献効果が期待されます。

■自家発電消費量の推移(太陽光発電設備容量100kW)

※1 使用電気量=購入量+発電量-売電量
※2 売電量を除く

■太陽光発電設備導入効果

※1 東北電力公表値より二酸化炭素(CO2)実排出係数を使用
※2 東北電力公表値より窒素酸化物(NOx)排出原単位を使用
※3 東北電力公表値より硫黄酸化物(SOx)排出原単位を使用
※4 2016年度実績の各係数を使用
※5 2015年度実績の各係数を使用
※6 2014年度実績の各係数を使用

また、当社では、太陽光発電設備の設置および機器の販売を行っている他、北海道滝川市において設備容量1,000kWの太陽光発電所を運用中です。

温室効果ガスの把握

JCUは、地球温暖化対策として重要な、温室効果ガスの中でも二酸化炭素(CO2)排出量の把握をし、CO2の削減に努めています。

国内拠点において、電気とガスを対象にしたCO2排出量は生産拠点である生産本部が最も高い数値となります。ただし、生産本部では、太陽光発電設備を設置して再生可能エネルギーを使用し、環境に配慮しています。また、各年度における国内拠点のCO2排出量の合計は、2014年度と比較すると、2017年度は減少しています。

■国内拠点におけるCO2排出量

■各年度における国内拠点のCO2排出量の合計

カーボン・オフセットへの取り組み

カーボン・オフセット:二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスを削減することは、地球温暖化対策として重要です。日常生活や企業活動では、電気やガスなどを使用するためにCO2が排出されます。そのように排出されるCO2に対し削減努力をしたうえで、どうしても削減できずに排出されてしまうCO2の量の全部または一部を、森林整備活動などに資金を提供することで、埋めあわせる(オフセットする)ことをカーボン・オフセットと言います。

当社は、設立50周年である2017年度から、カーボン・オフセットへの取り組みを始めました。
当社の生産本部は新潟県にあり、拠点内から排出されるCO2の量が国内拠点で最も大きい数字となっています。そこでカーボン・オフセットとして、新潟県の佐渡の「トキの森クレジット」を200t購入し、カーボン・オフセットへの取り組みに協力することにしました。

「トキの森クレジット」のシンボルマーク

「新潟県カーボン・オフセット」のシンボルマーク

※ 「トキの森クレジット」は、「新潟県カーボン・オフセット」の1つです。

「トキの森クレジット」は「トキの森プロジェクト」の一環です。
「トキの森プロジェクト」では、放鳥されたトキの生育環境の保全のため、佐渡における森林整備を行っています。また、間伐や枝打ちといった森林整備をすることで、木の根元に日光があたるようになり、CO2吸収率のよい森林の育成にもなるのです。

シンボルマークは名刺に印刷し、従業員の意識向上を図っています。

また、「トキの森クレジット」の発行元である公益社団法人新潟県農林公社より、「トキの森プロジェクト」への貢献に対し、越後杉で作られた感謝状を頂きました。感謝状は、木目がはっきりとしてあたたかみがあり、杉の香りがする楯となっています。感謝状の中心には、「トキの森クレジット」のシンボルマークも記されています。

公益社団法人 新潟県農林公社 岡村均代表理事(左)
株式会社JCU 小澤惠二代表取締役会長兼CEO(右)

公益社団法人 新潟県農林公社 岡村均代表理事(左)
株式会社JCU 小澤惠二代表取締役会長兼CEO(右)