株式会社JCU

基本的な考え方

JCUグループは、地球環境を保全し持続可能な社会づくりに貢献するため、水使用量の低減に努めています。

水使用量の把握

JCUグループは、研究開発や製造において多くの水を使用しています。JCUでは、国内各拠点の水使用量の把握に努めており、2019年度の取水量は約13千㎥となります。
2016年度と比較すると、国内拠点の水使用量は、約30%減っています。2018年度と比較した場合では、分析業務の集約により、わずかながら減少となりました。
また、生産拠点である生産本部の水使用量は、生産品目の変化および生産タンクや配管の洗浄方法を変更したことにより増加しました。総合研究所においても、研究開発などで水が必要となり2019年度は増えていますが、その都度節水の呼びかけを行うなど、水使用量を意識しています。

国内拠点における水使用量

生産本部における製造量あたりの水使用量原単位

総合研究所における従業員数あたりの水使用量原単位