株式会社JCU

汚染・廃棄物

基本的な考え方

JCUグループは、地球環境を保全し持続可能な社会づくりに貢献するため、事業所からの水質汚濁、大気汚染や土壌汚染などに関する法令を遵守し、環境負荷物質の削減に取り組んでいます。

排水の適正な処理

JCUグループは、開発および製造拠点での排水が周辺環境に悪影響を及ぼさないよう配慮しています。
総合研究所および生産本部では、開発・研究・製造の過程で排出される排水について、社内の排水処理設備にて中和沈殿処理を行い、分析し、法令を遵守した基準値内であることを確認した上で排出しています。
また、生産本部では、中和沈殿処理ができない廃液においては濃縮処理も行い、減容化した後、産業廃棄物として適正に処理しています。

廃棄物の削減

JCUグループは、資源を有効に活用し廃棄物の削減に努めています。
輸送で利用する1トンコンテナについてはお客さまとの間、またはお取引先さまとの間で往復させ、専用コンテナとしてリユースしています。
また、生産本部において不要となった空ポリ容器はリサイクルに出しており、洗浄、粉砕後にペレット化され、再生製品化されています。
さらに、総合研究所において使用した、プラスチック、金属、ガラスなどは、契約した廃棄物処理業者にて、再資源化されています。

化学物質の適正な管理

JCUグループは、環境化学物質を適正に管理し、環境負荷を低減しています。
総合研究所では、溶液容器が転倒しないよう防止策をとるとともに、実験設備には防液堤、ピットや側溝を設置することで外部への漏えいを防止しています。生産本部では、屋外タンクの防油堤、ピットや側溝の設置により漏えいを防止しています。

大気排出物の浄化

JCUグループは、大気排出物が周辺環境に影響を与えないよう浄化を行っており、定期的な環境測定を実施することで、適正な環境の維持に努めています。
総合研究所および生産本部では、排出ガスに含まれる有害物質の放出を防止するために、排気洗浄塔を設置し、排出物を浄化してから排出しています。この排出ガスの分析は、1年に一度、専門の機関に依頼し問題がないことを確認しています。
また、生産本部においては、ボイラー・冷温水発生機について、ばいじん・窒素酸化物の測定を半年に一度行い、専門の機関に分析を依頼して問題がないことを確認しています。